2016年10月15日

【創作】努力・過程の描写は読者に飽きられている、という話




 元はカドカワの社長が提唱してたっていう「売れる文章」は「主人公は努力しない、勝手にモテる、始めから能力持ってる」っていうツイートに対するアレだったんだけどことのほかRTされたので興が乗った。そもそも140文字では言葉が足りないので、久々にブログらしいエントリを増やしてみよう。(憶測の塊みたいな文章なので)異論は認める。

 「リツイート直後のツイートを表示するやつ」で反応を見るのが好きマンなのでその中のいろいろな返しを読んでいる。
 うん、努力・過程を面白く描いてる作品もあるよ? そんなことはわかっているんだ。ドラゴンボールでいちばん面白い修行といえば亀仙人の特訓編だね。それはさておき、例外を挙げるのはわりと意味がないと思う。
 問題はそこら辺の描写が連綿と続くコンテンツの中でわりかしワンパターン化してるんじゃないかってことですよ。そしてもう一つ、「こと小説では」という言葉が先のツイートでは抜けている。うん、アニメ漫画では見せ方を工夫してこの辺の描写を飽きさせないようにできるけど、文章だけでやろうとするとやたら冗長で退屈になるような気がするぞ? 例えば先のドラゴンボールでいえば牛乳配達の回とか、面白く文章化できるっていう剛の者はおるか?
 じゃあなろう小説によくある異世界チートハーレムが絶対正義なのか? って話になるけどそれもちょっと違くて。努力や過程といった「冗長な部分」を削ってとっととストーリーの核心に踏み込めや、ってのがくだんのツイートでいちばん言いたかったところで。




 小説は出だしのツカミに対する評価がとりわけシビアだ。アニメ漫画は「どんなにつまんなそうに見えても3話までは見てみろ」って言われるのに対して小説は最初の1ページで最後まで読んでもらえるかどうか決まると言っても過言ではない。読者を引っ張るためだったら1ページ目からラスボスとの決戦が始まっててもいいくらいで。それは極端だとしても努力を前提とする描写から読者を引っ張ってくのはやっぱり難しいと思われる。
 あーでも、そういった描写が全く不要と言ってるわけではございませんよ。ニンジャスレイヤー http://ninjaheads.hatenablog.jp をご覧なさい。小説を始めほとんどのメディアが「ゼロ・トレラント・サンスイ」や「マシン・オブ・ベンジェンス」みたいにニンジャスレイヤーの強さ無慈悲さを前面に押し出したエピソードから始まってるけど「ボーン・イン・レッド・ブラック」みたいな始原のエピソードも後付けで追加されてる。要は「上手くやれ」ってことです。

 以上、よりによって秋季例大祭の前日に筆が滑った結果でした。
posted by FALSE at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書

2012年10月08日

【俺得】飛行機を使って同人屋が遠征するガイドライン

 最近は格安航空が色々出てきている&夜行バスが事故とかで立場が危ういので、遠征手段の選択肢として飛行機が充分視野に入る。
 実際Jetstarを遠征に使ってみたのでその感想的なものを色々と。

1.値段とかリスクとか。
 成田⇔関西往復便+受託手荷物(20kg)でおおよそ14,000円。新幹線の早割よりも安く片付く。
 ただしその分席が埋まるのは馬鹿早い。予約可能に(期日の3ヶ月前くらい)なったら速やかに押さえるべし。
 コミケみたく当落の激しいイベント向けに使うのは軽くギャンブルでしょう。何しろキャンセルしても払い戻しができない。
 欠航のリスクも電車以上に高いので保険かけとくのもありだと思う。最悪成田から東京に出て新幹線に飛び乗ることも常に考えておかないと駄目。
 あと当然、空港までの交通費も交通費のうち。成田も関空も思った以上に僻地。市街地まで向かうのに更に1,000円積む覚悟でいること。

2.手荷物とか。
 当然ながら機内への危険物は持ち込み禁止。そのチェックが普通の交通機関よりも厳しい。
 同人屋が一番気をつけなければならないのが刃物、すなわちカッターである。刃物類は機内への持ち込みは禁止されてるが受託手荷物の中に入れて預かってもらうのならOKという非常に微妙な立ち位置にある。
 あと金銭。これは受託手荷物に含めちゃいけない。これも小銭を大量に持ち歩く同人屋には辛い。精密機器、つまりPCや携帯端末などもこれに該当する。

つまり、こんな感じで荷造りしておくといいかなと:
受託手荷物(寸法、重量制限はそこそこ緩い)→スペース設営用機材(カッター含む)、宿泊用品など
持ち込み手荷物(寸法、重量制限が少しキツイ)→金銭、サークルチケットなど、PC、携帯端末、コード類
設営とか他のメンバーに任せるから受託手荷物とかないすよってんならカッター類を携帯するのは諦める。最悪没収されることになるから。

3.時間とか
 チェックインから搭乗までえらい時間がかかる。出発の三十分前にはチェックインを済ませておかなければいけないので、余裕を持った行動が必要。金属類はゲート通過の時に引っかかるので、ベルトや財布などは予め外して手荷物と一緒にトレイに置くとスムーズにパスできる。中身のチェックとかはさほど厳しくないと思う。
 乗っちまうと本当に速い。特に気をつけなければいけないのがスマホなどの取り扱いである。
 通信は当然不可能。機内モードが存在しない端末は電源を入れることすら許されない。また離陸時着陸時は操作できないので使える時間はとっても短い。暇潰しが欲しい場合は文庫本とか持っておくのが吉。
 あと居眠りとか考えてはいけない。騒音が凄まじくてとても寝れたもんではないから。
posted by FALSE at 08:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書

2010年12月06日

【俺得】Indesignで小説本を作るためのガイドライン

(2012.10.7)自動縦中横設定について加筆
(2012.12.2)「テキストを準備する」項目の縦書エディタ各種について加筆。疑問符感嘆符→感嘆符疑問符に修正。あんまり意味は変わりませんが(笑)(?!→!?)

 Indesignは酷く値が張る買い物だったので、買った分はできる限り償却しようと頑張って使っている。今では小説本の編集に必要な作業は、一通りできるようになったんでないかと思われる。これはその作業手順を自分用の備忘録として纏めたものとなる。
 操作に習熟するためにIndesignの入門書を一冊買って一通り読んでおくと、より円滑に作業が進む、と思う。

注意点
 InDesignを使ってもすぐにあなたの小説本の部数が伸びるわけではありません。基本的な技術を身につけたいならInDesignの資金9万円で1万円強の一太郎と700円の小説100冊を買い、それらのプロットやテクニックやデザインを咀嚼する時間を手に入れた方がなんぼかましです。

※とりあえず「お前が言うな」的ツッコミは飲み込んでください。

InDesignの利点
・同じAdobeのソフトウェアなだけあってPDF出力に強い。ワープロソフトからPDF出力する際にありがちな「文字化けする」「挿絵画像を勝手に圧縮する」「フォントを埋め込んでくれない」などのトラブルが自分の経験上皆無。
・OpenTypeのフォントが使える。ヒラギノ、リュウミンなどの縦書き小説文で評価の高いOpenTypeフォントを用いても奇妙な行間アキができることがない。

InDesignによる編集を勧められる方
・PDF入稿のある印刷所を頻繁に使用する方。
・ワープロソフトとPhotoshopを同時に駆使してPDFを作成するのに疲れた方。
・最初から版型とページ数を厳密に定義してそれに沿った書き方をする、いわゆる「京極書き」をする方。

装丁を決める
 具体的には紙のサイズ、文字の大きさ、段組、行数、文字数などを決める。余白は必ず上下左右に1センチ以上空けること、行間は文字ポイント数の50%以上になること、字間は詰めることなどなどを前提に決める。
 基本的にサイズはA5、新書、文庫の3つ。新書サイズは印刷所によって異なるので注意。新書・文庫は市販のものを参考にすると楽。A5だとキルタイムコミュニケーション「小説同人誌製作マニュアル」にかなりサンプルがあるが、残念ながらこれは絶版である。

テキストを準備する
 何とかする。饅頭のアンコが不味いのは拙かろう。
 最初からエディタに流し込むことを前提にテキストを書くと、編集時にページ数の関係から加筆、削除をする必要がなくなって楽。このため行数、文字数、段組などを決められるテキストエディタがあるといい。
 WindowsならVertical Editor、Windows MobileならWZ Editor(があった。WM6までです)があるが、iOS(iPhone/iPad/iPod touch)アプリのiText Pad有料版が個人的にはかなりのお勧め。基本的なレイアウトの設定能力もさることながらEvernote/Dropboxとの連携機能があるのでIndesign環境へのテキスト移行がスムーズに行える。

挿し絵を準備する
 自分で描くか、イラストレーターに頭を下げるか。カラーはCYMKモードで350dpi、2値・グレイスケールは600dpiで作るのが通例。

合成フォント設定
 仮名、漢字で異なる書体を使いたい場合は合成フォントの設定を行っておく。「書式」→「合成フォント」で設定可。
 モリサワが販売しているリュウミン書体だと仮名文字だけ小さめの「小がなフォント」がある。

ドキュメントを作成する
 「ファイル」→「新規」→「ドキュメント」でサイズ、向きを決める。その後「レイアウトグリッド」を選んで行数、行間、文字ポイント数、標準フォント、段数、余白などを決める。
 Indesignでは後からこれらを変えようとすると酷く大変なので、最初に装丁を決めておくのがとても重要。
 なお断ち落としの設定はデフォルトの3ミリでいい。大半の印刷会社も同じ設定なので。

テキストを流し込む
 一ページ目に対してテキストグリッドツールを使い、最初に設定したテキストグリッドいっぱいのフレームを張り付け、まずはそこにテキストを張り付ける。
 はみ出しが発生するとフレームの左下に赤い「田」が現れるので矢印ツールでシングルクリック→次のページ、または次の段の始点にカーソルを合わせて、「シフトキーを押しながら」シングルクリックする。これで最終ページまで一気にテキストが張り付けられるはず。

本文スタイルを設定する
 段落スタイルの基本設定を本文用に設定しておく。段落スタイルダイアログの「基本段落」をダブルクリック。
・「基本文字形式」:フォント、文字ポイント数、字間、行間はテキストグリッドに合わせる。
・「自動縦中横設定」:「!?」などの記号を使う場合は縦中横設定を行う。「欧文も含める」にチェックを入れておくこと。
・「日本語文字組版」:禁則処理セット、禁則調整方式、ぶら下がり方法、文字組みなどを決める。基本禁則処理セットは「強い禁則」をコピーして、ぶら下がり文字に括弧などを追加して使う。禁則調整方式は「追い込み優先」、ぶら下がり方法は「強制」、文字組みは「約物全角」で。
 一緒に「見出し」「タイトル」も作っておく。これらは後で使う。

(捕捉)実は、感嘆符疑問符(!?)は文字コード化されている。比較的最近に制定された規格なので最近のOS、最近のアプリじゃないときちんと表示できない。iText Pad、Indesignではサポート済み。
 これを使う場合、自動縦中横設定は行わない。代わりに感嘆符疑問符がなぜか縦中横設定しないと横倒れになるので、一文字ずつ検索して設定しないと駄目っぽい。

査読用PDFを書き出す
 査読などを他人に依頼する場合はこの段階で一度「ファイル」→「書き出し」でPDFに書き出す。ここでは圧縮比率などに拘る必要がないので、プリセットは「PDF/X-1a:2001(日本)」を選んでおけばいい。

査読・校正
 一通り読んでみて、ぶら下がりにおかしいところがないか、その他誤字脱字、プロットの突っ込みどころなどを確認してみる。

ルビを振る
 文字ツールを選択後に文字ツールバーを選択→右側のツールボタンをクリック→「ルビ」→「ルビの位置と間隔」で設定可。「モノルビ」と「グループルビ」のどちらを使うかはルビの長さによる。グループルビで漢字1文字に対し3文字以上のルビを設定すると元の漢字の前後に間隔ができてしまうことがある。

ノンブルを振る
 マスターページにて設定する。ページダイアログを表示してAマスターをダブルクリック。
 ノンブルを配置したい個所にテキストフレームを作成して「書式」→「特殊文字の挿入」→「マーカー」→「現在のページ番号」を選択。
 ノンブルを振りたくないページがある場合は別のマスターページを作成して、ページダイアログで当該のページにドラッグすればいい。

章見出しやタイトルなどをノンブルの横に配置する
 「書式」→「テキスト変数」→「定義」を選び、「新規」ボタンを押す。名前には「見出し」「タイトル」などの文字列を入れて、種類「ランニングヘッド・柱(段落スタイル)」を選択する。スタイルにあらかじめ定義した段落スタイルを設定する。
 もう一度「書式」→「テキスト変数」→「変数を挿入」で追加したテイスト変数を挿入できるようになる。
 本文中に見出し、タイトルを挿入すれば、以降のページは全て見出し・タイトルがノンブルの横に出るようになる。

挿し絵を配置する
 「ファイル」→「配置」→張り付けるファイルを指定。文字が隠れる場合はレイヤーダイアログを表示して順序を調節する。

奥付を作成する
 最後のページにテキストフレームを張り付けてタイトル・発行日・著者・挿し絵作成者・HPアドレスや連絡先・印刷会社などを記入する。

目次を作る
 「レイアウト」→「目次」を選択する。目次テキスト及び目次見出しは出来合いのスタイルを選ぶと勝手に段落スタイルに追加してくれる。

PDFに書き出す
 全て終わったところで入稿用のPDFなどを作成する。今度はプリセットに「雑誌広告走稿用」を選べばフォント埋め込みや画像の解像度維持などは自動でやってくれる。

表紙・カバーを作成する
 印刷所によって表1と3が別々に必要なところ、表1、3の合体が必要なところがある。合体原稿の場合は背表紙も必要になるので印刷所のサイトで必要なサイズの計算方法などをよく確認しておくこと。
 カバーについては表紙に加えて折り返しも必要になる。表紙の絵柄が折り返しの方に2〜3ミリはみ出すように作っておくと、折り返し部分が見えず安全。
 割と手っ取り早い合体表紙の作り方。
1.ドキュメントを新規作成して、幅:版型幅×2+背幅 縦:版型縦でサイズ指定。裁ち落とし幅も印刷所指定のサイズを選択しておく。
2.「マージン・段組」ボタンを押す。文字を横組み、段組みを2段にする。また段間隔に背幅の長さを指定する。これで段組みのグリッドが背表紙スナップ用のガイドの代わりになるので、普通にガイドを置くよりも楽。
3.あとはレイアウトのアイデアに沿って表紙用の画像、ロゴ文字などを配置する。左開きの一般的な本の場合、背表紙より左が表1、背表紙より右が表4となるのに注意。

入稿
 原稿が全て揃ったら、印刷所の指定した形式でデータを送付して終了。お疲れ様、しばしの休息の後に新たな原稿へ取りかかるのだ……
posted by FALSE at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書

2010年04月28日

【俺得】空腹をプラスに考えるライフハック

 腹が減るのは幸せだ。空腹感を幸福感に変えて、自分の体にも財布にも優しくなれ。
 腹が減ったら、以下のお題目を唱えて乗り切ろう。特に3番以降は、知的活動に従事する者にはとても重要。

1.空腹を我慢できると肥満と無縁になる
2.空腹を我慢できると食費を節約できる
3.空腹を我慢できるとストレスと無縁になる
4.空腹を我慢できると集中力が上がる

1.空腹を我慢できると肥満と無縁になる

・肥満の原因の大半は食生活の問題によるものです。
・一日三食、糖分・タンパク質・脂肪のバランスが良い食事をとって、間食を控えるだけで、肥満は回避できます。
・現在の間食を我慢することによって、後で食べる本来の食事がより美味しくいただけます。
・太ると分かってても食べてしまう人は、2番以降の題目を唱えましょう。
2.空腹を我慢できると食費を節約できる

・間食1回あたり100〜300円のおやつ代を節約できます。
・1日200円でも一か月で6,000円の節約に、一年で72,000円の節約に。安いPCが一台買えるお値段です。
・お金を使うまいと分かってても使ってしまう人は、3番以降の題目を(ry
3.空腹を我慢できるとストレスに無縁になる

・ストレスを感じているときに過食気味になるのは、空腹ホルモンと呼ばれるホルモン「グレリン」が胃壁から多く分泌されるためです。
・グレリンの効果により、人間は本当に食事が必要な時以外でも空腹を感じるようになります。
・グレリンには抗鬱作用ほか、ストレスを抑制する効果があると言われています。
・ストレスをためないようにするためには、敢えて空腹であり続けたほうが良いのです。
・食事ではストレスは解消しません。何か食べて空腹感を抑えたとしてもストレスはそのままであるため、すぐに新たなグレリンが分泌されて空腹感がぶり返します。
・空腹感はストレスを収めるための副作用であると考えましょう。
・空腹感が長く続くことに耐えられないなら、普段の食生活を見直すのも良いでしょう。特に重要なのがタンパク質で、これらにはグレリンを抑制する効果があります。肉(特に鳥肉)、魚、大豆食品、卵、乳製品などを普段の食事に取り入れていきましょう。主食ならそばやパスタもお勧めです。
4.空腹を我慢できると集中力が上がる

・空腹の時は思考の妨げとなるストレスが軽減されるため、集中力が上がります。空腹感を感じ始めたら「チャンスだ!」と思うと若干幸せになれます。
posted by FALSE at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書

2010年01月31日

【俺得】目の前の物事に集中する方法

(注意)
 あくまで「FALSEだったらこうする」というものなので、絶対の法則というわけではありません。

(早い話が)
・あなたの集中を阻害する、あらゆる障害を排除しなさい。

(各論)
・ゲームその他、作業と無関係なアプリケーションを一切削除したPC環境を作りなさい。

・可能ならば、ネットからも断絶しなさい。検索が必要な事態が発生したら、メモを残して後から検索しなさい。

・人目が気にならないなら、衆人環視の環境を作り出すのもありです。「生中継」もありかもしれません。

・就寝前に1日1時間、文章の音読をしなさい。日々の訓練で集中力を高めなさい。
posted by FALSE at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書

2009年12月31日

【俺得】市販っぽい本を製本するための無線綴じガイドライン

 無線綴じの手法はかなりいろいろなところに転がっているので、ここで載せるのは軽いノウハウ的なところに留める。
 60ページ以下の本は中綴じで充分。小説・SSだと分厚くなる傾向があるので、小部数のピコ手のうちは使える手法。だと、思う。

(機材)
・レーザープリンタ
 コンビニやキンコーズよりも安く刷るなら。
 文庫・新書サイズならA4プリンタで充分。A5〜B5サイズの本ならA3プリンタが必要。A4サイズの本ならA3ノビプリンタが必要。
 重要なのはランニングコスト。印刷の質を度外視するなら、ブラザー、OKIが強い。

・ディスクカッター
 丁合用。
 ミシン目刃を使用する。

・アクリルプレート
 ライトボックスの代用品として使用する。
 無印良品のフォトフレームなどを転用。

・ボールペン
 表紙折り用。
 インクが入ってる必要はなし。

・板/C字クランプ/バイス(万力)
 背固めの際の固定用。
 100円ショップで入手できるもので充分。
 板の切り出しに鋸も必要。
 背固めのペースを上げたいならとにかく大量に購入する必要あり。
 クランプ・バイスとも板二枚+本の厚さよりも口が開くこと。
 バイスは1つあれば充分。

・木工用ボンド/グルーガン
 背固め用。
 グルーガンはホームセンターで1000円前後で入手可能。グルースティックを手で押し込むタイプとトリガータイプがある。
 φ7mmのものがグルースティックの入手も容易。

・アイロン
 表紙貼り付け用。
 スチーム機能など不要。安物で全然OK。

・断裁機
 化粧断ちを綺麗にやるために。
 カッターでやる方法もあるけれども、綺麗にできない&体力使うで断念。
 プラスの断裁機がメジャー。Amazonで3万2800円。下手するとプリンタ本体よりも高くつく。
 さらに替え刃も1万2000円。2000回切れるのでランニングコストは1回6円、三方化粧断ちすると18円。
 更にコストを浮かすために、刃を専門の業者に研いでもらう方法もあるらしい。

(制作)
 いわゆる網代綴じ。ノドにミシン目を入れて、糊を浸透しやすくする。
 ノドに鋸を入れるよりも遥かに楽。

・印刷
 4ページの折本を何冊も作る感じ。
 表:左1ページ右4ページ 裏:左3ページ右2ページ
 表:左5ページ右8ページ 裏:左7ページ右6ページ
 ……
 一太郎だと印刷オプションで「製本印刷」→「何冊かに分けて印刷」→「1部ずつ」を選べば楽。
 挿絵が入る場合は挿絵の入るスペースを開けた状態でPDFに出力→Illustratorでイラストを配置。

・丁合
 ディスクカッターで印刷した紙の真ん中にミシン目を入れる。
 裏面を谷にして二つ折り。ページ順に並べる。

・表紙折
 アクリルプレートやライトボックスに印刷済みの表紙を重ねて、折り曲げ線をボールペンで強くなぞる。
 あとは折り曲げるだけで綺麗に折れる

・背固め
1.ノド側をできるだけ綺麗にそろえて、ダブルクリップで固定。
2.表裏を板で挟み、バイスで小口側を固定。
3.天地をC字クランプで固定。なるべくノド側に近い位置で絞める。
4.ダブルクリップを外す。ノドが上を向いて、板から数ミリ突き出た状態になる。
5.木工用ボンドを塗布。背の上に軽くボンドでラインを引いて、歯ブラシなどで薄く伸ばす。乾いたのを見計らってもう一回ボンドを塗布。
もしかして:これだけでも充分な強度になる
6.2回目のボンドが乾いたらホットボンドを塗布。グルーガンでボンドを軽く背に落として、銃口で薄く伸ばす。なるべく平坦になるようにやると、表紙の貼り付けが綺麗に仕上がる。
7.複数冊を一気にやる場合は、ボンド塗布後に本をバイスから外し、板・クランプを取り付けた状態で、塗布面が物に触れない場所に置いておく。

・表紙貼り付け
1.ホットボンドの塗布が終わった段階でクランプ、板を外す
2.本を表紙でくるみ、背にアイロンをあてる。温度は低〜中で。
3.このとき反対側の手で小口側を抑えて、本の背が表紙の背にはまるまでしっかりと押し込む。
4.1mm程度のすき間が残ったところで表紙・裏表紙のノドにアイロンをあてて、表2と表1、表3と表4を余ったホットボンドで貼り合わせる。

・化粧断ち
 基本、断裁機を使う。
 切り口が斜になりやすいので、上から手で強く押さえると歪みにくい。
 また切り口近くが凹みやすいので、上に捨て紙を敷いて保護したほうが良い仕上がりになると思われる。

(課題)
 中綴じよりも遥かに手間がかかる。30冊でまる一日とか、そんな感じ。
posted by FALSE at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書

【俺得】サークルスペース構築ガイドライン

 イベントにサークル参加するうえで、あると便利だったものを、個人的にリストアップしただけ。
 安く綺麗にディスプレイしようとするならどうしてもダイソーなど100円ショップのお世話になると思われ。

(2010/12/19追記)POPスタンド、サバンナの項目を加筆。
(2012/10/8追記) PO.SU.TA.、商品POPの項目を加筆。

・新刊
 当然必要。

・発行誌情報・サークル登録票・通行証
 サークル入場・手続きの際に必要となるもの

・無料配布ペーパー他、会場限定のおまけ
 作る余裕があれば。

・クロス
 難燃性のもの、ということで塩化ビニル性がおそらく最も手ごろ。ダイソーに150×120サイズのクロスが売られていたので、これを使用。無難に無地。
 塩化ビニルシートは開封後の匂いが結構きついので、購入後すぐに開封して天日干しすること。

・滑り止めシート
 これもダイソーで80×40という超お手ごろサイズが売られている。ダイソーと同人屋の親和率は正直異常。
 これも匂いがひどいので天日干し推奨。

・養生テープ
 梱包、会場設営に幅広く活躍。
 従来の布テープやガムテープでは机などを傷つける可能性があるので×
 ホームセンターで売られている。300〜400円。

・カタログスタンド
 無料ペーパーを配布する際のホルダーとして。東急ハンズで500円〜2000円。価格は収納サイズによる。

・コインケース&小銭
 釣り銭用小銭の運搬用。一種ごとに100円。

・千円札
 同じく釣り銭用。ミニレジに収納して使う。

・ミニレジ
 会場での釣り銭整理に使用。
 カール社の製品など。1600〜1800円。

・エアーキャップ
 運搬時における販売品の保護。ダイソーで3袋100円。

・クリアポケット
 頒布物やペーパーを保護するために使う。
 フタつきとそうでないものがある。用途に応じて。ハンズで100枚300〜400円。大きめな文具店のほうが多種多様なサイズがあるので、これだけはダイソー以外で選んだほうがいい。

・カードケース
 POPを保護するために使用。ダイソーでA3サイズが200円、それ以下が100円。

・メタルラック
 スペースを立体化するために必要。頒布物を飾ったりPOPを立てて棚を隠し、雑貨品の収納に使ったりする。ミニレジもここに隠せる。
 東急ハンズのキッチン収納コーナーで売ってる折りたたみ式のラックが超お手ごろサイズ、かつ450〜480円と安かったので思わず2台ほど購入。
 ダイソーにも同じようなタイプのラックがあったので探してみるのをお勧めする。

・キャリングバッグ
 A3サイズのカードケースが収納できるもの、ということでAmazonで8,480円のグリフィンランド製MSサイズケースをポチる。非常にでかいものが届いて若干焦ったのは内緒。
 半分余ったスペースは同人誌収納空間になりました。

・POPスタンド
 ラックの上に養生テープで固定してA2ポスターを掲示したり。
 東急ハンズ等でも入手は困難。通販が無難。コミケットの画材即売でも1,000円で購入できる。
 シャフトが案外回って外れやすそうだったので、根元も養生テープで固定。スタッフのお姉さんがおもむろに手突っ込んできてチェックしてました。

サバンナ
 ポスタースタンドの一つ。お笑いグループやマツダの車種とは無関係。
 大型ではあるがポリ塩化ビニール製で軽く、3000円もしない廉価。イベント用にはうってつけ。
 ポスターの上下5ミリ程度にホチキスの針を通し、上下にすり割りパイプを通して固定するため、ホチキスの準備が必須。予めパイプを通した状態でポスターを持ち込んでもいい。またすり割りパイプが非常に長い。ポスターの大きさに応じてパイプカッターもあるといい。
 支柱が縮めた状態でも1.2メートルと非常に場所を取る。長物制限のあるイベントではチェックされる可能性があることも注意。

PO.SU.TA.
 サバンナから速攻でとって変わった同人屋向けポスタースタンドの大本命。5600円は高くない。
 全てのパーツがコンパクトに解体できるので普通に鞄に入れて持っていけるわ、クリップで吊り下げるタイプでホチキス止めとかする必要ないわとかいいことづくめ。ただオプションの専用ケースはわざわざ買うまでもないかも。100円ショップのメッシュポーチで充分。

・商品POP
 頒布物リストやポスターなど。キヤノンのカラープリンタのポスター出力機能で印刷したA4用紙を2枚ずつ貼り合わせて、A3サイズでラミネートし、養生テープで貼り合わせて使用。この方法でA3サイズの頒布一覧表と、A2サイズのポスターを作成。
 どうしても貼り合わせの継ぎ目が見える。それが嫌なら、キンコーズのカラー出力サービスなどのご厄介になるべきか。A1カラーのポスターが1500円前後。
 最近はiPadのフォトフレームを流して置くサークルも増えてきた。パスワードロックかけるとか盗難対策はしっかりと。

・名刺
 プライベート名刺は作っておいても悪くない。名刺カットラインつきの用紙がヨドバシで500円前後。

・名札ケース
 これであいさつする人を特定する人もいるので。
 名刺サイズのケースが2枚100円。

・その他
 カッター、筆記用具、サインペン

・会場設営
 広告を廃棄後、椅子を下してから滑り止めシート→クロスの順に設置。クロスは足元10センチ前後が見えるように敷くこと。余った部分は机の裏側に折り返して、養生テープでふちを貼り付ける。
 ラック、POPスタンドも転倒防止のため、かならず養生テープで固定すること。スタッフの人は転倒の危険性にかなり気を遣っている。
 早い目に入場・設営を完了して、開場までの時間は挨拶回りなどに費やすように。
posted by FALSE at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。